イチジクの胡麻和え

今週のお題「最近おいしかったもの」

鎌倉散歩

八月の休みの日。社外の研究会のため、鎌倉にて打ち合わせをしました。夏も盛り、焼け付くような太陽もよそに、喫茶店でコーヒーを飲みながら「あーでもない、こーでもない」。その日のメインディッシュは「美味いマグロ」。いつもなら600円でも贅沢なランチと思うお財布事情。よく言えば倹約家、この日は狂ったかのように2000円のマグロ丼をいただいました。日ごろコツコツ貯めている分、一気に使うのもまた良いものだ、なんて思ってたんですかね。お店の人に勧められるまま、希少部位の乗っかったものをいただきました。美味しかったです。しかしながら、その味は想像に難くありません。私の記憶にもこの程度しか残っていません。

お昼もそこそこに、おやつの時間まで後半戦です…少し巻きます。この後、打ち合わせが終わって、鶴岡八幡を観て、と言うくだりがあるのですが、既に原稿用紙1枚くらいは書いたので飛ばします。ここで言いたかったのは「美味いマグロ丼は食べたけど、あくまでも普通の休日を過ごしていた」という事です。

出会い

ひとりでの参拝もほどほどに、鎌倉の街に戻り、折角なのでどこかで飲もうと思い、またまた鎌倉をぶらぶらしてました。最近はたまにしか飲まないので、お店選びは慎重になります。向こうはどうかな?こっちはどうかな?雰囲気の良い佇まいのお店があり、中を覗くと意外なほどに若めなお姉さんが見えまして、一度は見送ったのですが、なんだか気になって入ってみることにしました。私ごとではありますが、若いお姉さんは好きですが苦手です笑

入ってみるとカウンターだけの小料理屋さんと言ったところでした。奥の方には着物をお召しになったお母さんがおりました。「安心」です。夏の日でした。まだまだ外の明るい時間から、お酒、頂いちゃうことに決めました。

幸福な時間

そして訪れる幸福な時間。派手さはないんですよ、でも美味い。どれも正解でした。丁寧でした。そして本題、最近おいしかったもの「イチジクの胡麻和え」です。見ず知らずの、お隣のおじさまが頼まれているのを見て、私も食べたくなってしまいました。果物で胡麻和え?と頭には疑問符が浮かびました。一切れ口にすればそんなことはなんてことはなかったと思うに至ります。甘さと塩加減、胡麻の風味も程よく、お酒にも合う。その優しさに顔もほころびます(^_^)

作り方が気になって、つい「塩で揉むんですね?」って言ったら、「塩で揉んではダメ、塩で洗うんです」って笑われましたね。良い思い出です笑

実際の作り方は、イチジクの皮を剥いて、塩で洗って、すりごまを和えるだけ。至って簡単です。なんなら後日、自分でも作りましたが、同じように美味かったです。秋物のイチジクがあれば試してみてはいかがでしょうか!

P.S.

鎌倉へお越しの際は、ぜひよしろうへ!