無料アプリをとことん使い倒す英語学習法(オチあり)

リスニングやリーディング、単語力といったものが不足している私の英語力。まあ、すべてなんですが。そうはいっても勉強しなければ、身につかないのでいろいろアプリとか見てみるのですが。iPhoneとwindows10を使っています。無料のアプリの中には中々しっくりくるアプリに出会えないのですが、裏技的に学習効率を上げる方法を見つけました。。。やれば、勉強になるよねこれって方法ですけどね。新しいことをすると決めた2019年。このアイデアで頑張ります。

使うもの

やり方

まず英語の記事を探します。あとはsoftalkにwavファイルを作ってもらうだけ。Microsoftのデフォルトで女性のこと言うものが用意されているので、それを選択して録音してください。速度も変更可能です!録音したwavファイルが重たければAudacityで調整してみてください。あとはevernoteにてwavファイルを共有すればiPhoneでどこでも聞くことができます。

メリット

  • Webに転がる英語の記事がすべてリスニングの教材になる
  • テキストをどこかに保存すれば復讐の時に便利

デメリット

  • やる気がないと続かない
  • wavファイルが大きい(保存領域・通信量)
  • 根本的にやる気が必要(笑)

と思ったら…

iPhoneのPocketってアプリで、保存した記事を読み上げてくれるようでした…無駄足orz オフラインでは再生できないと出てきますが、一度再生できるようにすれば、オフラインでも再生できました!時代の進化は偉大^_^

【書評】Javaを作った人々(20190208読了)

回あh津チームで私以外の人たちがJavaを使っているので、なんとなく気にはなっている言語「Java」。昔からあるイメージだし、特定の言語をマスターしてもいないと思うので、仕事で言語を扱えるのは羨ましく思います。そんなわけで、言語を作った人に対するインタビューの本をとりあえず読んでみました。

全体的に

1996年に初版が出版されたこちらの本、わたくしまだ未就学児童でございます(笑)。PCというものが世の中的に普及し始めたころの話でしょうか。漠然とではありますが、希望に満ちているというか、ここに金山があるぞ的な、どことなくエネルギッシュな印象を受けました。この世代の羨ましいところです。はい。

P.62のあたり

これからの社会ではデータをどこに持つか、どのようにPCを利用していくのかという話をしています。

  • ネットワークはお金を払ってでも誰かにマネージングしてもらう:〇
  • データはキープ(ギガバイトのデータは持たなくてよい)するよりもアクセス:△
  • リモートのデータにはプライバシーが必要:◎

概ね現実になっていますが、データについては自分の手元でもTB級の保存領域を持っていますね。いろいろな情報がネットワーク上にあふれるという世界自体はイメージできていなかったのではないでしょうか。自分が想像している世界は氷山の一角であると考えた方が良いのでしょうか。

P.73のあたり(TODO)

97年に北海道で起きたバス事故?

P.79のあたり(TODO)

執筆当時でCが作られて25年ということらしい。Cの中では解決が難しいことがあるから、次の言語が生まれたということなのです。そもそもCの理解がないので、スッと入ってこない。SmallTalkC++FORTRANの長所を組み合わせたのがJavaらしいのだけれども。。。5つの言語を勉強するのはつらいけれども、CやC++あるいはJavaはまだまだ求人があるし(SmallTalkについては私が知らないだけかな?)。FORTRANだって科学技術計算、というか大学院の研究室では使ってたしなと。まずはCから勉強しましょう。

P.107のあたり

表現について気になったところ。紀元前はBC(Before Christ)、紀元後はAD(Anno Domini)ということ、知らんかった(笑)。そして当たり前のようにネットワーク時代の前後で、BW(Before the Web)とAW(After the Web)という言葉があったらしい。廃れましたね。でもよく見てみると、BWとAWはWebというものが生まれた時点、時代で歴史を分割していますが、BCとADは、、、キリストが生まれたかどうかですか、結局は同じだった(笑)。

P.112のあたり

インターネットの普及についての言及があり、世界水準の環境を希望してるように書いてありました。そして低価格にそのインフラが提供されてほしいと。おそらくは、2019年現在の日本はとても発展していると思います。当然のようにネットワークだって整備されています。しかしながら考えたいのは、低価格でよいのかということです。手が出せないほど高いものは安くなってほしいと思いますが、その先のたたき売りというのは、エンジニアとしてムッとします。同じサービスを提供しているにもかかわらず、安定して供給しているにもかかわらず、易くすべき理由とは何なのか、今の私にはわかりません。もちろん、越の何かに取って代わられそうになれば安くせざるを得ないと思いますが、それがないうちから安くしなければならないというのは間違った世界であるように思います。

【酒記】卒業おめでとう(2019/02/06)

1軒目

ラグビーのレフリーでB級を取った時の同期の大学生と川崎で飲みました。鉄板焼きが食べてみたいと言うことで、男2人で入るのがはばかられるようなお店を予約。カウンターで並んで食べました。カジュアルなコースと飲み放題を付けて、2人で2万!小鉢やアミューズ、焼き野菜からしてこれまでに食べたことがないくらいに美味しかったですね。そしてメインの熟成肉のステーキ、、、素敵!親父ギャグwカニを使った炊き込みご飯もそのまま食べても、出汁をかけて食べても美味しく、言うことなし。デザートのアイスももちろん美味しかったです。

2軒目(天龍)

ハシゴしようと思いましたが、1軒目だけではお腹が空いたとのことで、町の中華屋さんでチャーハンを挟みました!やはり我々、体が大っきめの人が行くお店ではなかったですね(笑)

3軒目(時代屋 オールドオーク 川崎店)

とてもオーセンティックなお店なのですが、少しガヤガヤしております。本日は隣の彼、小ちゃくなってましたね(笑)

  • カフェネグローニ
  • ジンベースでキウイのショートグラス
  • ホットバタードラム

どれも美味しゅうございました

とぼけて見せる

今週のお題「わたしの節分」

独り身のつらさ

子供の頃に比べ、行事というものが増えたように思います。街中にカップルが増え、人生楽しまなきゃ的な何かに連日連夜、心が殴られている感覚ですね(笑)

全力でとぼけることが大事

何年か前ですね、お寿司屋さんで恵方巻きを買ったついでに、近くのパン屋さんでフランスパンを買ったのは…そして馴染みの居酒屋さんで、恵方巻きの代わりにフランスパンで笑いを取ってくる…と言うか、笑われてくる。笑う門には福来たる、ですね!

映画「陽はまた昇る」

GYAO!でやっていたので観てみました。29歳の私の感じたことをば。。ネタバレ感があるので悪しからず。

頭を下げる

あそこまで社員に頭を下げられる上司というものはいるのだろうか。西田敏行さんの演じる事業部長に人情味があるからなのかもしれませんが、白々しく「一緒に頑張ろう」と言うのではなく、「会社を辞めます」という部下に頬をはたいて気持ちを伝えるとかね。今のご時世では到底考えられませんが、悪くはないと思っちゃいますね。そして、あんな人の下でなら。徹夜で開発してもよいのではないかと思います。あそこまで追い込んで一緒に働くということを経験できるのは、とても良いですね。非効率ですよ、確かに。寝ずに働くなんて愚の骨頂です。でも、一回くらいは経験してもよいのかなと思います。

会社を辞める

自分の働き方に不満で、他社に転職した方がいましたね。会社を辞めたとしても、辞めた会社のことを思うというのは、ある種の愛着なんでしょうね。私も愛着というのがある方だと思うのですが、辞めた会社にひょっこり現れたりできるのだろうか。来ないのではないかな。劇中では喧嘩別れみたいになるんだけれども。会社のことを思っていたんですね。なんかいいなと思いますね。俺もそんなことを思えるようになるのだろうか。

人生は短い

そして、定年が55歳という設定、というか当時の当たり前なんでしょうが、短いからこそ、しっかり燃え尽きようとしていたんでしょうか。今の生き方は、永らえて、間延びして、ぐずぐずと生きていくのでしょうかね。一時でもいいのでそれほどまでに燃えるような人生もいいのではないでしょうか。

自分がどうしたいかが大事

今週のお題「冬の体調管理」 冬だからって何か特別な事をすると言うことはないですね。

気にすること

体調管理で気をつける点としては、次の項目でしょうか。

  • 朝の目覚め
  • やる気があるか(気力がみなぎっているか)

そして、その原資は次のものでしょうか。

  • 旬のものを食べる(たまの大食いは許すけど、日常的には腹八分目)
  • 疲れたら寝る
  • さらに嫌なことは寝て忘れる
  • そして恋をするw

総じて、そんなに気にしないことですね。お菓子をたくさん食べても良いし、運動しなきゃと追い込まなくても良いし…当たり前に思えるくらいに頑張れば良いのだと思います。